HOME>特集>医療事務になるには?パートでも働けるって本当?

パートでも働ける

医療事務は正社員で働いていたとしても、結婚や妊娠を機にパートに切り替える事も可能です。家庭を大切にしたいので、フルタイムで働くのは難しいと考えている女性におすすめの職業です。また、パートで働いていても、キャリアによっては正社員も目指せるという魅力があります。

医療事務になるには

病院

アルバイトやパートから始める

医療事務は未経験でも募集している病院がたくさんあります。最初から正社員を目指すのは難しいですが、アルバイトやパートであればハードルも低いので大変おすすめです。実務経験をきちんと積めば、そのあとに正社員へのステップアップも望めるでしょう。

資格は必須ではないので誰でもなれる

医療事務は、資格がない人でも目指せるというのが一番のメリットです。但し、資格を持っていない人よりも持っている人のほうが即戦力だとみなされますので、将来的に長く続けたいと考えている人は、資格を取得したほうが良いでしょう。民間資格の診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の資格の中でも人気があります。

独学や専門学校などに通って資格を取得する

医療事務は資格を持っている人のほうが待遇が良いため、まずは資格を取得してから働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。医療事務はものすごく難しい資格という訳ではありませんので、独学でもきちんと勉強すれば資格取得する事が出来ます。きちんと勉強をしたいという人は、専門学校や通信教育などがおすすめです。

医療事務になるには?パートでも働けるって本当?

受付

一般的な事務よりも経験を積める

医療事務は一般的な事務よりも、色んな経験を積むことが出来ますので大変おすすめです。一般的な事務は、パソコンに向かっての事務作業がメインですが、医療事務は患者さんとのコミュニケーションや受付、会計といった仕事があります。メインの仕事とも言えるレセプト作業は、医療費を保険者に提出する書類のため、正確さと早さが求められます。万が一間違えてしまいますと、医療費が異なってしまいますので注意が必要です。